COMMENT

酒井善三の作る映画にはワンショット毎にアイデアがある。

そのアイデアに基づき、昨今流行りのナチュラルな演技とも、スタジオシステム全盛期のような作り込んだ演技とも、

才能ある監督が陥りやすい抑制の美学や振り付け演出とも違った形で、俳優の芝居を撮ろうとしている。

その上で、観客の想像力にお任せしますといった思考停止=責任放棄をしない。

 

スティーブン・キングは、かつてホラー小説やホラー映画において、

読者や観客に「扉の向こう」を想像させることがいかに有効か詳細に説きながら、

自分はその扉を開けてみせると語った。

扉を開けて、その向こうに「いる」ものを見せる、と。

それでも読者や観客の想像力を奪わない、むしろ想像力を刺激するやり方がある。

キングの語るそのイバラの道を、酒井はいそいそと楽しそうに往く。

 

現実と妄想が交じり合い、即物的な禍々しさが浮上する感触は、『反撥』から『テナント』にいたる、ある時期のポランスキーの映画や70年代のシャブロルやフライシャーの『絞殺魔』を思わせる。

面白いです。

映画好きはもとより、恒川光太郎や京極夏彦の小説、妖怪好きの人にもおすすめします。

篠崎誠(映画監督)

素晴らしく面白い、以外の言葉が出てこなくて困るのだけれど、

それに気づいたのは二度目にモニターで観た時でした。

なぜ試写室のスクリーンで観た時には「立派だ」としか思わなかったのだろう。

舞台が狭い空間なため顔の大きな人ばかりを見つめていたせいなのか、話の展開に惹き込まれて物語を楽しんでしまったせいなのか……いや、多分、シナリオがジャンルの定型をどう裏切るかの予測を外しまくって観ていたせいだと思う。これほど重層的な仕掛けでありながら局面が早いテンポで切り替わる展開について行けてなかった、ということだよな。

だから、

この映画『カウンセラー』は二度観ることをお勧めします。

一度目はサスペンスとエロを愉しむため、

二度目は話を知った上で二人の女優の演技合戦と演出を味わうために。

『おもちゃを解放する』も面白かったけれど、酒井君は本当に腕の確かな脚本家であり演出家なのだなあと改めて思いました。

そして、なんといっても

西山真来さんの凄さ!鈴木睦海さんの魅力!

大工原正樹(映画監督)

※随時更新

冒頭2分半、その日最後の患者の診察を終えたカウンセラーが洗面所で手を洗っていると、

その背後にとつぜん「やっぱり、予約とかないとだめですよね」と声がする。

びっくりして顔を上げると、鏡には怯えた様子の女性が写っている。

ここから、一気に映画に引き込まれる。

たった40数分の尺にもかかわらず、物語は二転三転四転し、

虚と実が交錯した果てに、ついに長いベロを出した妖怪が登場する! 

ホラーでもスプラッターでもない、正々堂々のスリラー映画だ。

万田邦敏(映画監督)

酒井善三監督の新作映画『カウンセラー』見してもらった。

単純で的確だからこそ強力な映画の力だけで自我の崩壊が描写されてて、

それがめちゃ怖い。

ぜーんぜん誤魔化しが無くて潔い怖さ。

カットが変われば世界も変わっちゃう。

主演のお二人、鈴木睦海さん西山真来さんがまたサイコー。

大畑創(映画監督)

江戸川乱歩、夢野久作を彷彿とさせる現実と幻影、その境界線の曖昧な「真実」を描いた現代の怪奇映画。 音の使い方が秀逸で、全編に漂う静かな狂気を見事に構築。

このイヤーな感じ、好きです!

佐々木誠

(小説家)

乙一

俳優 佐藤貴史

(サボさん)

惜しむらくは映画が40分で終わってしまう事。

あそこから後40分間、同じクオリティで話が続いていたら、

歴史的な大傑作になったのではと思っています。

保坂大輔(脚本家)

西山真来の表情に目を奪われた。

カットが切り替わったら、どんな顔をしているのか…

恐怖と期待を抱えて観た

内藤瑛亮(映画監督)

最後、思わぬ方向に舵を切ったのでゾッとしました。
女優さんの怪奇な演技がとても素晴らしかったです。

(映画監督/映像ディレクター)

セカイ監督

(Youtuber/映像クリエイター)

あー面白かった。

終始漂う不気味な緊張感。

この映画に映る顔や体、声には異常な説得力がある。

42分という尺の中で、自己と他者、生と死をも混沌とさせる最高に不愉快なエンタメ!!

(超褒め言葉です!笑)

​上村 奈帆

(映画監督/脚本家)

次のカットが予測できない。

あたりまえのようにカットバックしたかと思うと、とてつもないカットが不意打ちしてきたりする。

それが、こんなに映画を面白くするなんて

最高にスリリングで驚嘆しました。

入江 悠

(映画監督)

根底にずっと独特な空気が流れていて、最後までその空気に絡めとられていた。

見ている側が作品を掴めそうで掴めない、一種の癖になるスパイスのようなジワジワと身体に浸透してくるような作品。

俳優 皆川暢二 

すさまじい緊張感と不気味さ! 

画面から目が一瞬も離せなかった。

現実と幻想の境目が曖昧になり、自分が何者かもわからなくなっていく

感覚が恐ろしい。カットが切り替わる瞬間、鳥肌が立つような衝撃がある。

怪談話でもあり、ミステリでもあり、純文学でもあり、

あらゆるジャンルを超越した

映画体験としか形容できない42分間だった

ナニコレ!?どのカットも恐いんだけど!!

そこに音響効果も相まって何回もビクンってなった!!

アウトレイジが全員悪人なら、カウンセラーは「登場人物全員恐い。!!!

まだまだこんな映画のつくりかたが出来るんだと心静かに快く、強く圧倒された

狭く閉じた空間に、なぜこれほど豊穣に、官能的に、呪わしく光景が出現するのか。そしてこの光景は、いつからどこから私たちのもとにやってきたのか…。

各ショットに細かくみなぎる明暗・角度・音・表情の力と、それらの大胆予測不可でかつ(物語自体は恐ろしく非人間的かもしれないが)非情な世界に倫理的…とでも形容したらいいのか、あとから思い返せば頷くしかないショットの接続。その未知の堆積に、想いもしない遥かな場所からなにかをもって来られているのだと思います。

多様に広がるいまの映画にあって、心から畏敬に値する映画のありかたと思いました

かなり久々に“ヤバいもの”を観てしまった……

脚本、構成、場所、キャスト、間合い、画、音響、全てに不安が張り詰め、

薄気味悪い空気が満ち満ちてくる――

かなり久々に“ヤバいもの”を観てしまっ…あれ?

……気がしただけ?……マズい、憑り込まれる。

酒井善三監督、、、、凄い才能だ!ぎっちり憑り組まれた長編が観たい。 

(映画監督)

木村文洋

清水崇

(映画監督)